日本の喘息患者数というのは年々増加傾向にあります。厚生労働省の調査によると、1960年には子供の喘息患者は約1%だったのですが、2004年には子供の喘息患者は約6%・・・

喘息の症状というのは人によって異なります。日常生活にはあまり影響しない程度の場合もありますし、影響が現れる場合もあります。一般的な症状としては、息苦しさ、喘鳴、咳などです。

喘息というのは、気道に炎症を起こしていることです。喘息になる人の気道というのは、健康的な人の気道に比べて狭いです。そのため、空気も通りにくい状態になっているのです。